次世代2×4のスマートハウス公開~三井ホーム
いつも申し上げていることですが、スマートハウスに関連する分野には「これだ!」という定義がなく、まだまだ全体像が見えにくいのが実情です。何が本当に必要で、あまたある先端技術をどのように活用すべきなのか、そうした点について研究や検証が続いています。そんな状況下で先日、三井ホームのスマートハウスの実証実験住宅がマスコミに公開されました。今後、普及していくスマートハウスのあり方とそれによる暮らしの方向性について理解できる建物でしたので、今回ご紹介したいと思います。ライフサイクルカーボンマイナスを実現!三井ホームによるスマートハウスの実証実験住宅は名称を「MIDEAS(ミディアス)」といいます。三井ホームは現在、「スマート2×4」をコンセプトに住宅づくりを行っていますが、この建物はそれをさらに進化させたLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅で、「次世代2×4」という位置づけとなります。それに最先端のスマートアイテム・技術を導入しているのが、今回の建物の特徴となっています。「MIDEAS」の外観。建物だけでなく、その周囲に植えられた樹木やエクステリアにも工夫が見られることに注目したい。それらが住宅内部の居心地をよくすることに貢献する(クリックすると拡大します)LCCMというのは木材の伐採から加工、住宅の完成、その利用、さらには解体までの住宅のライフサイクルでCO2排出量をマイナスにするという考え方。今回の建物では72年で達成できるとしています。三井ホームが「MIDEAS」に次世代2×4の仕様を導入したのは、スマートハウスといえども最も大切なのは、建物の性能や住み心地であるということを認識しているからです。さて、「MIDEAS」におけるLCCMの特徴を一言でいうと、ツーバイフォー工法が持つ気密断熱性の高さという基本性能に加え、開口部などの断熱性能の強化、さらには独自のパッシブ技術(建物内部だけでなく、外部と一体で環境に優しい設計を行う手法)を融合させたものといえます。具体的には、例えば壁や開口部についてみても、「ダブルスキン」(二重の壁の間に空気層があり空気を循環させる仕組み)、「ウォーターウォール」(壁に水または蓄熱材を組み込み、熱を蓄えることで冬場の暖房エネルギーを削減)、「スマートウィンドウ」(センサー技術により、窓の外部のブラインドを上げ下げする仕組み。断熱性と日射の遮蔽性を高める)などが搭載されていました。これらのほか、次世代トータル空調システムや高効率熱交換換気システム、LED照明の導入などを含め「MIDEAS」の省エネルギー性能は、現在ハイレベルとされている次世代省エネルギー基準の住宅に比べ、電気使用量が約50%削減できるとしています。ダブル蓄電池やディーゼル発電機も「スマートウィンドウ」。センサー技術により、窓の外部のブラインドを上げ下げするし仕組みが採用されている。因みに窓には三重ガラスが使われ、これは壁面と同程度の断熱効果を持つ(クリックすると拡大します)ここまでが建物の性能や技術に関することですが、次にスマートアイテムのうち省エネを中心とする設備に関するものを見ていきたいと思います。太陽光発電システムやといった基本アイテムのほかに、三井ホームが近年力を入れている太陽熱ソーラーシステム(住宅の消費エネルギーの3分の1を占める給湯を効率化)が設置されていました。蓄電関係では「ダブル蓄電池」(2台の蓄電池)に加え、電気自動車から住宅に電気が供給されるシステムも搭載されていて、災害時などのエネルギー不足に対応するための研究も行われています。電気自動車については、ワイヤレス給電システムなども初めて見ることができましたこのほか、停電発生時の補助電源としてディーゼルエンジンによる発電機も搭載されていました。一般的な発電機をイメージしていたのですが、音が静かだったのが印象的でした。これらのマネジメントの最適なあり方が今後模索されるとのことでした。これらの設備を一通りみて感じたのは、住宅の外回りには様々なボックス(各種設備を納める機械を収納)が立ち並んで、それらが建物のデザインを損なうことも懸念されるだろうということでした。念のために申し上げていきますが、これは「MIDEAS」があくまでも実証実験住宅であるからであり、外観のデザイン性の維持はもちろん、この中で何が必要で不要なのかも含め、今後検討が行われていくようです。要するにそうした点も、今後改善しなければいけないスマートハウスの課題であるということです。次のページでは、スマートアイテムのうち通常の生活シーンに直結するアイテムと技術についてご紹介していきます。いつも申し上げていることですが、スマートハウスに関連する分野には「これだ!」という定義がなく、まだまだ全体像が見えにくいのが実情です。何が本当に必要で、あまたある先端技術をどのように活用すべきなのか、そうした点について研究や検証が続いています。そんな状況下で先日、三井ホームのスマートハウスの実証実験住宅がマスコミに公開されました。今後、普及していくスマートハウスのあり方とそれによる暮らしの方向性について理解できる建物でしたので、今回ご紹介したいと思います。ライフサイクルカーボンマイナスを実現!三井ホームによるスマートハウスの実証実験住宅は名称を「MIDEAS(ミディアス)」といいます。三井ホームは現在、「スマート2×4」をコンセプトに住宅づくりを行っていますが、この建物はそれをさらに進化させたLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅で、「次世代2×4」という位置づけとなります。それに最先端のスマートアイテム・技術を導入しているのが、今回の建物の特徴となっています。「MIDEAS」の外観。建物だけでなく、その周囲に植えられた樹木やエクステリアにも工夫が見られることに注目したい。それらが住宅内部の居心地をよくすることに貢献する(クリックすると拡大します)LCCMというのは木材の伐採から加工、住宅の完成、その利用、さらには解体までの住宅のライフサイクルでCO2排出量をマイナスにするという考え方。今回の建物では72年で達成できるとしています。三井ホームが「MIDEAS」に次世代2×4の仕様を導入したのは、スマートハウスといえども最も大切なのは、建物の性能や住み心地であるということを認識しているからです。さて、「MIDEAS」におけるLCCMの特徴を一言でいうと、ツーバイフォー工法が持つ気密断熱性の高さという基本性能に加え、開口部などの断熱性能の強化、さらには独自のパッシブ技術(建物内部だけでなく、外部と一体で環境に優しい設計を行う手法)を融合させたものといえます。具体的には、例えば壁や開口部についてみても、「ダブルスキン」(二重の壁の間に空気層があり空気を循環させる仕組み)、「ウォーターウォール」(壁に水または蓄熱材を組み込み、熱を蓄えることで冬場の暖房エネルギーを削減)、「スマートウィンドウ」(センサー技術により、窓の外部のブラインドを上げ下げする仕組み。断熱性と日射の遮蔽性を高める)などが搭載されていました。これらのほか、次世代トータル空調システムや高効率熱交換換気システム、LED照明の導入などを含め「MIDEAS」の省エネルギー性能は、現在ハイレベルとされている次世代省エネルギー基準の住宅に比べ、電気使用量が約50%削減できるとしています。ダブル蓄電池やディーゼル発電機も「スマートウィンドウ」。センサー技術により、窓の外部のブラインドを上げ下げするし仕組みが採用されている。因みに窓には三重ガラスが使われ、これは壁面と同程度の断熱効果を持つ(クリックすると拡大します)ここまでが建物の性能や技術に関することですが、次にスマートアイテムのうち省エネを中心とする設備に関するものを見ていきたいと思います。太陽光発電システムやといった基本アイテムのほかに、三井ホームが近年力を入れている太陽熱ソーラーシステム(住宅の消費エネルギーの3分の1を占める給湯を効率化)が設置されていました。蓄電関係では「ダブル蓄電池」(2台の蓄電池)に加え、電気自動車から住宅に電気が供給されるシステムも搭載されていて、災害時などのエネルギー不足に対応するための研究も行われています。電気自動車については、ワイヤレス給電システムなども初めて見ることができましたこのほか、停電発生時の補助電源としてディーゼルエンジンによる発電機も搭載されていました。一般的な発電機をイメージしていたのですが、音が静かだったのが印象的でした。これらのマネジメントの最適なあり方が今後模索されるとのことでした。これらの設備を一通りみて感じたのは、住宅の外回りには様々なボックス(各種設備を納める機械を収納)が立ち並んで、それらが建物のデザインを損なうことも懸念されるだろうということでした。念のために申し上げていきますが、これは「MIDEAS」があくまでも実証実験住宅であるからであり、外観のデザイン性の維持はもちろん、この中で何が必要で不要なのかも含め、今後検討が行われていくようです。要するにそうした点も、今後改善しなければいけないスマートハウスの課題であるということです。次のページでは、スマートアイテムのうち通常の生活シーンに直結するアイテムと技術についてご紹介していきます。スマートハウスの要となる技術はご存じHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)です。「MIDEAS」では、太陽光発電システムなどのアイテムや家電などのほか、各種センサー(気象、地震など)、さらには地域のエネルギーを見える化する「AEMS(エリアエネルギーマネジメントシステム)」と連携させて、その可能性を広げているのが特徴です。身振り手振りで設備や家電の操作が可能に!?例えば、気象・地震センサーは災害が発生した場合、その被害の大きさをハウスメーカーが判断するのに活用できますし、それにより従来と比べより迅速にアフターサービスを受けられることにつながります。このようにセンサー技術をHEMSと連携させていたのが、「MIDEAS」の特徴の一つと感じられました。「Kinect」のナチュラルユーザーインターフェイス技術も導入されていた。身振り手振りで住宅内の様々な設備や家電操作ができるのが特徴だ(クリックすると拡大します)中でも興味深かったのが、マイクロソフトのゲーム機に使われている「Kinect(キネクト)」の技術。手振りによる「ナチュラルユーザーインターフェイス」も採用されていました。これらを活用し、どこまで住まい手の利便性や使い勝手を向上させることができるか、今後検証が行われていくといいます。携帯端末などで採用されている「タッチインターフェイス」には個人的になじみがありますが、「ナチュラルユーザーインターフェイス」はあまり体験する機会がなく、新鮮な印象を受けました。これまでゲーム機などで先行的に採用されてきた技術が、いよいよ生活シーンの中核である住宅の世界に導入されようしているところでしょうか。今回の公開では「Kinect」による操作はテレビと照明のON・OFFやブラインドの開閉の3種類に限られていましたが、実際には様々な家電や設備の制御が可能とのこと。こちらも今後行われる実証の中で、何を制御しどう活用していけば良いのか、などを確認し改良されていくそうです。ところで、この「MIDEAS」は、三井不動産グループが主導して展開・開発している「柏の葉キャンパスシティプロジェクト」(千葉県柏市)の一環でもあり、同プロジェクトと連動して、コミュニティ全体でエネルギーの需給状況を「見える化」するシステムの中にも組み込まれています。「AEMS」でコミュニティのエネルギー需給状況を把握実は、スマートシティ(スマート化された住宅や商業施設、行政施設などの集まり。スマートタウンなどと同義語)というのは、実はまだ開発が始まったばかりで、中でも実際に人が住み経済活動が行われている事例はまだまだほとんどないのが実情です。電気自動車を無配線で充電できるシステムも。このほか、住宅と電気自動車の間で電力を融通できるシステムや、携帯電話を無配線で充電できる仕組みも導入されていた(クリックすると拡大します)柏の葉キャンパスシティプロジェクトが展開されている「柏の葉キャンパス駅」周辺では、すでにマンションで大勢の方々が暮らしており、大型ショッピングも営業を行っています。そこでは、HEMSのコミュニティ版「AEMS」が導入・稼働しており、コミュニティ内のエネルギーの様子が「見える化」されています。この「AEMS」の情報は、マンション内のHEMSを通じて住民の方々も確認することができるといいます。つまり、スマートコミュニティで住民の方がどのような暮らし方をし、どのようなメリットを享受しているのか、がわかる非常に貴重な事例といえるのです。運営している三井不動産によると、電力需要がピークを迎える時間帯には、住民の方々が自宅から外出されて、近くにあるショッピングセンター「ららぽーと」で過ごされるなどして、街ぐるみ・住民ぐるみで省エネ・節電に取り組む姿が見られているとのことでした。もちろん、HEMSを通じてマンション各住戸内のエネルギー需要の様子がわかり、住民それぞれが「どれだけ節電できた」のか把握できるといいます。そのおかげで、無理なく省エネや節電に貢献でき、「スマートに生活を楽しめている」そうです。住民やコミュニティ全体で省エネや節電に貢献していくのが、スマートハウスやスマートシティ、さらにはその先にある「スマートグリッド社会」の理想形。今回の取材では、その様子の一端が垣間見れたのも収穫の一つでした。「MIDEAS」は一般にも公開されるとのことですので、興味のある方は是非見学してみてください。【関連記事】スマートハウスのこれからと課題について太陽光発電に新展開 再生可能エネ全量買取スタート宮城県に誕生 初の本格的「スマートタウン」の見学記導入メリットが向上! 家庭用蓄電池が本格普及へ改めて「スマートハウス」 2012年はブレイクの年?2011年の注目 CO2±ゼロ住宅とスマートハウスセキスイハイム(2) 業界初のHEMS搭載標準化萌え~な発表会とスマートハウスの関係とは?実需型スマートハウス(東急ホームズ)の見学記

If you liked this article therefore you would like to collect more info relating to Louis Vuitton Tuareg M40360 nicely visit our site.

자유게시판 Party-Ga Free Board

번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
공지 파티가 홈페이지가 새단장하였습니다. [1]   파티가 2012.02.11 348392
5931 Una Commedia Sui Giovani Laureati In Cerca Di Lavoro   lavoro offerte sagre roma e provincia 2013.10.24 2684
5930 tłumaczenie Przysięgłe   tłumaczenia instrukcji obsługi 2013.10.06 3001
5929 Real Estate Lingo For The Newbie   homes for sale covington ky 2013.10.16 2973
5928 Pérdida De Grasa Vieja Escuela Mitos Y Falsedades De La Dieta  image libro factor quema grasa completo pdf 2013.12.01 5201
5927 HelpLavoro.it   richieste annunci Offerte di lavoro romania 2013.12.02 2991
5926 홈피 새단장을 축하합니다. [1] [200]   Sirasoni 2012.02.16 125271
5925 쿠폰 연장 가능? [291]   강혜인 2012.04.01 65683
5924 콩그레츄레이션 [1] [255]   좋은사람들 2012.03.06 171352
5923 츄카해요 [287]   미네르바 2012.02.17 172345
5922 비누방울 연출기입니다   성진산업 2012.02.27 15210
5921 문의드립니다. [394]   이정미 2012.07.02 29203
5920 見ごろは? 2012年桜の開花情報と桜前線 2012年の桜の開花は、平年より遅いか平年並み 今年の開花は平年より遅いか平年並み お花見に先立ち気になるのが、桜の開花情報です。日本気象協会が2月22日に発表した第2回桜(ソメイヨシノ)の開花予想によると、今年は厳しい寒さが長引き春の訪れが遅いため、桜の開花も遅くなると予想され、全国的に平年より遅いか平年並みの見込みです。とくに西日本では2月の低温が開花の遅れに影響しそうですが、3月以降は比較的順調に気温が推移すると予想されるため、東北や北海道では   ミュウミュウ 靴 2013.11.12 3021
5919 羊より望ましい コート関連記事   アグ アウトレット 2013.11.27 2680
» 次世代2×4のスマートハウス公開~三井ホーム いつも申し上げていることですが、スマートハウスに関連する分野には「これだ!」という定義がなく、まだまだ全体像が見えにくいのが実情です。何が本当に必要で、あまたある先端技術をどのように活用すべきなのか、そうした点について研究や検証が続いています。そんな状況下で先日、三井ホームのスマートハウスの実証実験住宅がマスコミに公開されました。今後、普及していくスマートハウスのあり方とそれによる暮らしの方向性について理解できる建物でしたので、今回ご紹介したいと思   Louis Vuitton Tuareg M40360 2013.11.12 1459
5917 垃圾邮件   垃圾邮件 2013.11.08 2788
5916 เกมส์แนวที่จะช่วยให้หัวอกสนุกสนานและเพลิดเพลินเจริญใจ   http://flashgamesthai.com 2013.10.17 9235
5915 เกมส์ : Game Online On Internet Article At 387GX   เกมส์ 2013.12.01 6666
5914 วิธีหาเว็บ Sbobet ให้ตรงใจคุณ   sbobet 2013.10.15 6581
5913 รับทำseo คุณภาพคุ้มราคา   บริการseo 2013.11.28 8430
Board Pagination ‹ Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 297 Next ›
/ 297
Designed by hikaru100

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 취소

SketchBook5,스케치북5

SketchBook5,스케치북5

SketchBook5,스케치북5

SketchBook5,스케치북5